1. TOP
  2. クラウドソーシングで稼ぐ
  3. クラウドワークスでライティング案件を受注するコツ

クラウドワークスでライティング案件を受注するコツ

クラウドソーシングで稼ぐ この記事は約 6 分で読めます。

初めて在宅ワークを始めたいと思っても、初心者にとって、一件目の受注を獲得するのは不安で難しいと感じてしまいます。
どこでもいつでもできる副業で稼ぎたいと思っていても、まずは一件受注し、完遂することが大切です。

はじめにしっかりとクラウドワークスに掲載されているライティング案件の種類や形式を理解し、初心者向けの案件に、安心してチャレンジしていきましょう。

本記事では、初心者向けにライティング案件を受注するコツから月額10万円を安定して稼ぐためのライターへの道筋を示しています。

この記事を読むことで、しっかりと稼げるライターを目指していきましょう。

 

初心者向けクラウドワークスのライティング案件を受注するコツ

今から在宅ワークを始めてみたい、副業をやってみたいと思っている主婦・学生・会社員の方にライティングはおすすめです。

初心者でも、日本最大級のクラウドソーシングサービスで、安心してチャレンジしてみましょう。

それでは、早速、クラウドワークスでのライティング案件の受注のコツをわかりやすく説明していきます。

初心者向けの案件の種類や形式があります。
案件の中には初心者につけ込むような悪質な案件も紛れていますので、応募する際の確認ポイントも説明していきます。

また、初心者から安定的に10万円を稼いでいくための3つの方法についても紹介しています。
クラウドワークスの受注のコツを知り、あなたのライティング力を高めていくことで、安定的な収入につなげていきましょう。

まずは、「初心者でも簡単に受注するコツ」からお伝えしていきます。

初心者でも簡単に受注するためのコツとは?

クラウドワークスではライティング案件だけでも1万件以上の案件があります。
その中で、途中で挫折しないためにも、ライティング案件の種類や形式を理解、把握することが大切です。

案件の見極め方を知ることで、現在の自分のスキルにあった案件や受注する案件にかける時間を考えて選ぶことができます。

また、初心者が陥りやすいNG案件もありますので、しっかりと見極め方を抑えて案件選びをしていきましょう。

初心者向けの案件のカテゴリと形式について

ライティング案件の種類や形式は複数あり、レビュー・口コミ、文章作成、ブログ作成など様々なカテゴリから選ぶことができます。

初心者向けのカテゴリは2つです。

  1. ブログ記事作成
  2. 記事・WEBコンテンツ作成

この二つのカテゴリを選択し、 次に、ジャンルを絞り込みます。

健康、美容、エンタメ、ペット、金融などありますが、好きなことや得意な分野から選んでいきます。特に経験したことがある分野は書きやすいのでオススメです。

そして、初心者が初めての応募で戸惑うのが、依頼形式です。

プロジェクト(固定報酬制)、プロジェクト(時間単価性)、コンペ、タスクと4種類の形式がありますが、全く実績のない未経験の場合は、タスク形式からチャレンジしていきましょう。

まずは、一件受注し、完遂することが大事なので、単価が安くても「初心者歓迎」「マニュアル完備」と記載がある案件に応募してみるのも勉強になります。

なお、そういった記載のある案件は、発注側も不慣れな初心者との対応に慣れているので、やりとりもスムーズに行える場合が多いです。

初心者がNG案件に当たらないために確認すべきこと

NG案件に引っかからないためには、「案件の内容」「納期」「報酬の支払い条件」を事前にしっかりと確認することが重要です。

「未経験者、初心者歓迎、テストライティングあり」とし、誰でも気軽に応募しやすくしている案件の中には、テストライティングでは支払いが発生しない場合もあります。

また高額案件でも20記事で1セットまとめて納品させる場合もあり、納期に間に合わず、報酬がゼロになってしまったというケースもあります。

そうした案件で挫折しないためには、案件の内容、納期、報酬の支払い条件この3つは最低限、確認を怠らないことが大切です!

この3つの条件を確認し、現在の自分のスキルや状況、ライティングにかけられる時間を想定して案件を選ぶようにしてください。

月10万円を稼げるようになるためにはどうしたらいいの?

1件の受注を無事に完遂後、タスク案件で慣れてきたら、もっと稼ぎたい。
月に10万円くらいはライティングで稼げるようになったらいいなと思いますよね。

実際に初心者から毎月10万以上を安定的に稼いでいるライターは存在します。
クラウドワークスで安定的に稼げるようになるための3つの方法をお伝えします。

採用率を高めるための信頼度を上げる方法

クラウドワークスでは、受注→確認→納品と全てオンライン上でのやりとりで完了することがほとんどです。
直接顔を合わせて打ち合わせなどをすることも滅多にありません。

だからこそ、発注側のクライアントは、応募者の中でも実績数が多い人から優先的に選ぶ傾向があります。

実績数が多くなればなるほど、上位表示されるため、クライアントの目にとまることが多くなり採用率も高くなります。

実績を積むことを優先したい場合は、タスク案件からでもコツコツと案件を完遂し、信頼度をアップしていきましょう。

同じクライアントから指名される方法

オンラインで完結する仕事だからこそ、スムーズに仕事を完結してくれるかどうかはクライアントにとってとても重要なポイントです。

またこの人を採用したいと思ってもらうには基本的な仕事のマナーを守りましょう。
「クライアントの依頼内容を的確に把握すること」「連絡や相談を適宜すること」「納期を守ること」、どの案件を受けるときも、この基本を心懸けて取り組んでいきましょう。

クラウドワークスでも、通常の仕事と同じです。お互いに仕事がやりやすいかどうかは、次の仕事の依頼にも繋がっていきます。

受注単価を上げていく方法

初心者の時は、1文字0.5円から引き受けていた人も、スキルが上がることで1文字1円、3円と受注単価を上げることが可能です。

そのためには、ライティングの型を学ぶ、得意分野を極めリサーチ時間を短縮していく、得意ジャンルの専任ライターになるという手もあります。

また、同ジャンルのテーマの案件を複数同時に進行することで、一番時間がかかるリサーチ時間を短縮することもできます。

まとめ

以上、クラウドワークスでライティング案件を安心して受注するコツと稼ぎ方をお伝えしてきました。

初めての応募で役立つ初心者向けの受注のコツ2つをお伝えしてきました。

初心者でも安心して受注できる案件の形式や種類について知ることは、NG案件にも当たることなくスムーズな受注完遂につなげることができます。

はじめての1件を受注するのは難しく感じますが、しっかりとコツを掴んでスタートさせていきましょう。

そして、初心者から安定的に10万円を稼ぐための方法についても3つご紹介しました。

1件の受注後、安定的に稼ぐためには、信頼度を上げていくことが大切です。
同じクライアントから指名され、案件選びの手間も省けるようになります。
また信頼度が上がりスキルも上がることで受注単価も上げていくことも可能になります。

未経験から月に10万円を安定的に稼ぐのは、初心者の頃は、誰でも遠い道のりのように見えます。

しかし、最初にこの2つのコツを知り、3つの方法を意識しながら案件を一つ一つ完遂させることであなたのライターの道がひらけてきます。

誰でもどこでも気軽にできるクラウドワークスを利用して、あなたのライティング力を試してみましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

tabicopiの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

tabicopiの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • クラウドワークスで初月から月9万円稼ぐ方法

  • クラウドワークスで稼げない人の特徴について

  • クラウドワークスで20万円の稼ぎ方!月47万円ライターのコツを紹介

  • クラウドワークスを始めて4か月で月に10万円以上稼げる

  • 【クラウドワークス】ライターで月5万円以上を稼ぐコツ5選

  • 実録!クラウドワークスだけで月50万円以上稼ぐためのコツをご紹介!