1. TOP
  2. クラウドソーシングで稼ぐ
  3. クラウドワークスで20万円の稼ぎ方!月47万円ライターのコツを紹介

クラウドワークスで20万円の稼ぎ方!月47万円ライターのコツを紹介

 2020/01/15 クラウドソーシングで稼ぐ この記事は約 7 分で読めます。
クラウドワークスで20万円の稼ぎ方!月47万円ライターのコツを紹介

クラウドワークスでライターとして月20万円以上稼ぎたい!
でも、稼ぎ方がわからない…と悩んでいませんか?

クラウドワークスで独立できるほど稼ぐのは十分可能です。
実際、筆者は副業ライターながら、月に約47万円を稼いだ経験があります。

そんな筆者がクラウドワークスの稼ぎ方として、コツやしてはいけないことをご紹介。

稼げるようになる道筋が明確になり、より無駄なく稼げるようになるので、ぜひじっくりとご覧ください。

1日のスケジュール! 月47万の副業ライターの執筆スタイル

はじめに1日のスケジュールを簡単に紹介します。
ちなみに、筆者の本業はフリーの戦略コンサルタント。

1日中ライターをできない人でも月20万円以上稼げる目安になるので、ぜひ参考にしてください。

  • 6:00…ライターの仕事も含めてスケジュール作成。
  • 8:00…外出。移動中にリサーチや構成作りをする場合も。
  • 10:00…本業開始。前後のスキマ時間に執筆など。
  • 14:00…移動。移動中にリサーチなど。
  • 15:00…本業。スキマ時間に執筆など。
  • 20:00…帰宅。資料作りや執筆など。
  • 21:00…執筆や納品を本格的に開始

上記のとおり、平日はスキマ時間の執筆がメインで、執筆時間は3~4時間ほどです。
もちろん47万円を稼いだ月は、1日中執筆していた日もありました。

しかし、時間をいかに有効活用するか、記事の質と執筆速度をいかに上げるかを考え、効率アップしていたからこそ、月47万円を稼げたといえます。

次から筆者が日々実践しているコツを5つ紹介していきましょう。

クラウドワークスで月20万円以上稼ぐための5つのコツ

クラウドワークスで月20万円以上稼ぐためのコツは以下の5つです。

  • 自分の強みと稼げる分野との接点を見つける
  • より良い案件を得るために実績を充実させる
  • 納品までの流れを効率化し続ける
  • 執筆時間や集中できる環境を確保する
  • 良い案件のクライアントの要望に応えて継続させる

上の5つのコツをみて、なんとなく分かるかもしれませんが、月20万円以上稼ぐには、あなた独自の強みや工夫が必要になってきます。

というのも、その他大勢のライターから抜け出す必要があるためです。
実際、稼いでいるライターには求められる強みがあり、効率よく仕事をしています。

上記5つのコツを実践すれば、あなた独自の強みや工夫が見つかっていくので、早速確認していきましょう。

自分の強みと稼げる分野との接点を見つける

まず、あなたの強みと稼げる分野との接点を見つけていきましょう。

そもそもライティングの仕事とは、何らかの商品を紹介したり、サイトにアクセルを集めたりするのが目的です。
そして、儲かりやすい分野や業界があります。

たとえば、クレジットカードや転職、Wi-Fiなどは儲かりやすい代表的な分野。

理由はアフィリエイトで成約した際の単価が高く、商品を求めている人も多いためです。
したがって、文字単価が高かったり、単価交渉に応じてもらいやすかったりします。

もちろんアフィリエイトで稼ぎやすい分野は他にもあり、アフィリエイト以外でもライターが稼ぎやすい業界は多いです。

具体的にやることとしては、稼ぎやすい分野と業界をかるく調べ、あなたが強い分野(詳しくなりたい分野でもOK)がないかの確認から始めましょう。

なお、強い分野は複数あるとはかどります。

また、文字単価が高い案件や詳しい分野の案件を日々探すのも重要です。

もっともすぐに稼ぎやすく強みのある分野のクライアントとつながりを持つのは難しいので、毎日コツコツと取り組んでください。

日々の執筆は無駄にならず、次に紹介するより良い案件獲得のための実績になります。

より良い案件を得るために実績を充実させる

より良い案件を得るには、実績が必要です。
稼げて専門性もある分野で募集があっても、採用されなければ意味がありません。

要するに、選ばれるライターになる必要があります。
具体的にやるべきなのは、以下の4つです。

  • クラウドワークスの評価を高める
  • 狙っている分野の記事執筆
  • 記名記事の執筆
  • ブログなどで本気の記事を書く

クラウドワークスでの評価を高めるのは基本です。

しかし、実はプロフィールまで見ないクライアントも少なくありません。

実際、本業でたまにライター募集をする筆者もSEOの実績や記事の質を重視します。

したがって、狙っている分野で執筆して上位表示の実績をつくったり、記名で力を入れて書いた記事を作ったりすると効果的です。

個人でブログを立ち上げて、実績用に本気で執筆するのも良いでしょう。

納品までの流れを効率化し続ける

納品までの流れを効率化、つまりスピードアップもコツコツがんばるべきです。
タイピングの練習なども重要ですが、以下3点にも取り組んでみてください。

  • 時給の算出
  • ツールの使用
  • 機器の買い換え

まず、効率化が本当にできているか客観的に知るために、案件ごとに時給を出すのがおすすめです。
単純にストップウォッチとメモ帳などで算出しても良いですが、「Toggl」などの基本無料の時間測定ツールが便利です。

便利なツールは他にも多くあります。
一例を出すと、登録した文が一瞬で入力できる「PhraseExpress」やマウスをより便利にする「StrokesPlus」などです。

不便だなと思ったらツールを探し、自分なりに工夫し続けて1年も経つと、元に戻せないほど大きな違いになります。

最後に、投資と思って良い機器の購入も考えましょう。

定番ですが、モニターを増やすとはかどりますし、稼ぐライターは良いキーボードやマウスを使っている人が多いです。

執筆時間や集中できる環境を確保する

どんなライターにも生活があり、執筆時間集中できる環境の確保を稼ぐライターは日々考えているものです。

最初は、以下3つから取り組んでみるのがおすすめです。

  • スキマ時間の活用を考える
  • 集中するテクニックを使う
  • 時間を買う

筆者の場合、電車や車の中でリサーチや構成作りをしており、徒歩ならスマホの音声入力で文章の入力もしています。
また、ポモドーロテクニックやダッシュ法といった集中するためのテクニックもおすすめです。

また、時間を買うという考えも持ちましょう。
たとえば、子育てに忙しいなら、掃除や料理を自動でしてくれる家電やベビーモニターを買うと執筆時間は増えます。

もっというと、ベビーシッターを雇うのもありです。

もちろん、自分の時給を正確に把握し、シッターの費用を上回っているのが前提となります。
最初は抵抗感があるかもしれませんが、企業が設備や従業員を増やすのと同じような考え方なので、ぜひ実践してみてください。

良い案件のクライアントの要望に応えて継続させる

時給を見比べて、稼げている案件を継続してもらえるようにしましょう。

具体的には、クライアントの要望に応えることです。

ただし、自分が良かれと思うことではなく、クライアントが求めていることをきちんと確認にして応えてください。

月20万円以上稼ぐためにやってはいけないこと

月20万円以上稼ぐために一番やってはいけないのは、専門性を作らないことです。

今の検索エンジンは、専門性を重視しています(いわゆるE-A-T)。

セールスライターはもちろん、SEOライターにも専門性が求められる傾向が強まっているのです。
また、先に紹介したとおり、専門性のある強い分野を持つことで、より稼ぎやすくもなります。

というわけで、専門性のない、オールジャンルOKというライターにはならないようにしてください。

まとめ|月20万円の稼ぎ方を知ったら実践あるのみ!

月20万円以上の稼ぎ方として、スケジュールや5つのコツを紹介しましたが、参考になったでしょうか?

稼ぎ方を知ったら、後は実践あるのみです。
実はノウハウを知っても実践しない人は意外と多く、すぐに取りかかるだけでも差がつき始めます。

ぜひ、紹介したツールを入れてみたり、専門にする分野を考えたりしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

tabicopiの注目記事を受け取ろう

クラウドワークスで20万円の稼ぎ方!月47万円ライターのコツを紹介

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

tabicopiの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • クラウドワークスで初月から月9万円稼ぐ方法

  • クラウドワークスで月10万円稼ぐための5つのコツ

  • 実録!クラウドワークスだけで月50万円以上稼ぐためのコツをご紹介!

  • クラウドワークスを始めて4か月で月に10万円以上稼げる

  • 【クラウドワークス】ライターで月5万円以上を稼ぐコツ5選

  • クラウドワークスで稼げない人の特徴について