1. TOP
  2. 賢いクラウドワークスの使い方!初心者が稼ぐ方法

賢いクラウドワークスの使い方!初心者が稼ぐ方法

クラウドソーシングについて この記事は約 5 分で読めます。

クラウドワークスを賢く使って、副業を始めてみませんか?

副業を始めたいけど、難しそう…、何をすればいいかわからないという方に、簡単に始められるクラウドワークスをご紹介します。

仕事を始める前の準備

クラウドワークスで仕事を開始するには、クラウドワークスのログインページから、無料会員登録(メアドが必要)をしてください。

仕事を受けやすくする3つのポイント

  1. 基本情報をしっかり書く
  2. 本人確認書類を提出する
  3. 銀行口座を登録する

初心者がクラウドワークスで稼げる使い方

クラウドワークスの案件(依頼には)は、様々なジャンルがあります。
初心者が稼ぐためには、的確な案件を選び必要があり、コツコツと経験を積むことが大切です。

初心者が稼ぐ方法、オススメの流れ

  1. 「ライティング案件」を選び
  2. 「タスクで経験をつみ」
  3. 「プロジェクトで稼ぐ」

なぜこの順番が大切なのか?
1つずつ理由がわかれば、「クラウドワークスはとても簡単に使えて、稼げる!」ということを実感していただけます。

ライティング案件は初心者にオススメ

ライティング案件とは、依頼内容に沿って文章を書いて提出する仕事であり、様々あるクラウドワークスのジャンルの1つです。

パソコンさえあれば、すぐ始められるので初心者にオススメです。

案件が多く、特別なスキルがいらない。
未経験OK、初期投資(特定のソフトや作業環境を必要としない)も必要ないので、自分にあった難易度の案件を選んで挑戦しやすいからです。

難易度は、後ほど説明しますが、最初に選ぶなら、「高単価:シナリオ制作/固定報酬10000円〜」など、報酬が高いものはさけ、「初心者歓迎:○○アンケート:タスク5円/件」のような、初心者向け、簡単などのタイトルと報酬が低い案件を選ぶことが大切です。

ライティングはとても案件が多いので、初心者にオススメですが、難易度も高低混在しているので、まず「難易度のあった仕事を受注し、完結させる」ことを目指してください。

タスクで経験を積むとは?仕事の難易度を知ろう

ライティングの中でも、「タスク」形式を選ぶことで、着実に経験を積んでいくことができます。

タスクとは、クラウドワークスの仕事の依頼形式の中で、「低単価=低報酬で難易度が低い+拘束時間が短い」ものといえます。

クラウドワークスにある3つの依頼形式

  • タスク:低単価=低難易度+拘束期間はあまりない(ほぼ断られない文書作成)
  • プロジェクト(固定報酬制):低・中・高単価=難易度と拘束期間にばらつきがある。
    (チーム対応や一定期間継続するものもあり)
  • コンペ:高単価=高難易度+締切提出
    (制作物を提出し、選ばれた人のみ受注できる。ライティングではあまりない)になり、タスクが初心者向けなことがわかります。

例えば、タスクでは、
「文字単価(1文字の報酬)0.5円/2000文字」や「1000文字/100円」など、簡単かつ安い案件となるので、依頼を達成すれば稼ぎはでますが、慣れない作業でかかる労力を考えると、あまり稼げないことがわかります。

しかしながら、よりよい案件を受注していくには、「まずやってみて稼いだ経験」を積み、「クラウドワークスでの実績」をつくることが、依頼者へのアピールにもなるので大切です。

プロジェクトで稼ぐ!自分の得意ジャンルから攻める

タスクで仕事に慣れたら、プロジェクトの案件に挑戦することで、単価が上がるので「稼ぐ」ことができます。

ただし、難易度が上がり専門性を持った案件が増えるので、プロジェクトの中でも「専門性がない」ものを選ぶと始めやすいのですが、当然誰でも書けるものは競合率が高く、早い者勝ちになりやすいので、受注しにくいこともあります。

専門性をもつのも1つの強みですが、ピンポイントで合う案件が来るかわからないものを待つのは、隙間時間で行う副業向きではないので、プロジェクトでは「自分の興味のあるジャンル」や「少し経験があるジャンル」を選んでください。

専門性があってもなくても、ライティングでは「調べる」作業が発生します。

その際、検索キーワードが絞れていないと、調べたい内容に対しての答えやヒントがでてこず、文章を書くのがむずかしくなります。

興味や経験が少しあれば、調べやすい=適切なキーワードで検索ができ、専門性がなくても文章が書きやすくなるからです。

まとめ:初心者がクラウドワークスを使って賢く稼ぐ方法

以上、クラウドワークスを使って、初心者が稼ぐ方法をまとめていきました。

初心者が稼ぐには

  1. 「ライティング案件」を選び
  2. 「タスクで経験をつみ」
  3. 「プロジェクトで稼ぐ」

この流れで、経験と実力をつけて、徐々に高単価の案件に挑戦していくことで、稼ぐことができます。

また、クラウドワークスの報酬は、報酬額から振込手数料を引いた額が支払われるため、報酬が低く振込手数料が高いと、稼ぎがなくなってしまうので、報酬手数料が一番安い楽天銀行での登録をするのがお得です。

クラウドワークスを賢く使って、ぜひ楽しい副業ライフを手に入れてください。

\ SNSでシェアしよう! /

tabicopiの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

tabicopiの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • そうだったのか!クラウドワークスの手数料について

  • ライター初心者が知っておくべき!クラウドワークスの評判について