1. TOP
  2. webライターとして稼ぐ方法
  3. webライターは稼げないのか?「稼げないwebライター」VS「稼げるwebライター」を徹底比較!

webライターは稼げないのか?「稼げないwebライター」VS「稼げるwebライター」を徹底比較!

 2019/11/11 webライターとして稼ぐ方法 この記事は約 11 分で読めます。
webライターは稼げないのか?「稼げないwebライター」VS「稼げるwebライター」を徹底比較!

webライターとして稼げるのか?と疑問に感じたことはありますか?

稼げるwebライターには「稼げるポイント」があり、稼げないwebライターには「稼げないポイント」があります。

本記事では「その疑問」を解決するために稼げるポイントを解説しますね。
ポイントは「仕事への取り組み方」と「ビジネススキル」に分類されます。

 

稼げないwebライターの「仕事の取り組み方」と「ビジネススキル」

稼げないwebライターは、「仕事の取り組み方」と「ビジネススキル」において、「受動的」「受け身」「消極的」という特徴があります。

 

稼げないwebライターの「仕事の取り組み方」

稼げないwebライターは、「仕事の取り組み方」と「ビジネススキル」において、「対応が遅い」「消極的」「常に追われている」ことが常態化しています。

先の見通しを立てるスキルが不足しているライターが多いのです。自分に自信がないことも要因の一つです。

自信のなさが仕事への向き合い方として「待つ姿勢」「返信が遅い」「行動しない」などの状況を呼んでしまいます。

どのように改善すれば良いか?のヒントとして、稼げないwebライターは具体的に「どのような状態なのか?」をご紹介しますね。

 

調べずに与えられることを待つ姿勢

稼げないwebライターは与えられた仕事を与えられたままリサーチもせずライティングをします。「受け身の姿勢」が抜けません。

与えられるスタンスのサラリーマン意識が残っているのが稼げないwebライターです。

プロのwebライターに依頼するクライアントの思いは「クライアント自身が書くより成果が出る記事」を期待しています。

価値を10倍にして納品するくらいの気持ちでないと実績のある記事作成はできません。

 

返信が遅い、仕事に追われている、納期に間に合わない

稼げないwebライターはわからないことを曖昧にします。
仕事に追われているため、確認や連絡が丁寧ではありません。

返信が遅いwebライターは往々にして稼げないwebライターです。
余裕のない状況がさらに余裕のなさを招く「負のスパイラル」に陥っています。

このマイナスのスパイラルに気付いたら「改善するために何が必要か?」を見直す必要があります。

 

行動しない

稼げないwebライターの中には「今の結果を周囲や環境のせいにして行動しない」ライターがいます。

今の結果は「自分が行動しなかった結果」であることを率直に認めることが大切です。認めたら、ほんの1歩でもいいので行動すること。続けていくことで道が拓けていきます。

 

稼げないwebライターの「ビジネススキル」

稼げないwebライターは「営業力」「自己分析」「自己PR」などのビジネススキルが不足しています。

目の前の仕事をこなすことだけに追われてしまっているため、必要だが緊急ではない「大切な自己分析」はいつも後回しになっています。
しかし、自己分析をすることで「自分の強み」を発見できます。

 

営業力がない

受け身の姿勢でクラウドサイトばかりで仕事を探していると「稼げないwebライター」になります。
駆け出しの時代はそれでもいいでしょう。

しかし経験を重ねたら「自分はこれができる!」ことを分析し、直接アピールできるように行動することがポイントです。

クラウドサイトからの卒業を意識する必要があります。

 

得意分野がわからない

自分はこれ!が得意という分野を持ちましょう。
webライターを目指す人、活動をしている人はごまんといます。

その中から「あなた色」を出していかなければ「みんなと一緒の色」に分類されます。
「あなた色」を打ち出せない場合は、いつまでたっても稼げないwebライターのままです。

自分の人生の中で「自分一番時間をかけたこと」「自分が楽にできて周囲から褒められたこと」を振り返り、自分の得意分野を見つけてみましょう。

 

低単価の仕事が多い

稼げないwebライターはライティングをしても、収入に繋がらない仕事を多くこなしています
駆け出しのwebライターであれば低単価の仕事でも経験が必要です。

ある程度実績を積んだ後は高単価の案件にチャレンジしていかないと現状維持が続きます。
低単価の仕事ばかりしているとフィードバックも貰えない場合が多く、自分の実績にもなりません。

そのまま進んでいくと「稼げないwebライターの道」にまっしぐらです。
実績ができたら次のステップの「高単価の案件」にチャレンジをしてみましょう。

 

スキルアップしない

仕事をしていくといままで難しかったことが簡単にできるようになっていきます。
しかし目の前の仕事をこなすだけでは、その仕事が続くだけです。

クライアントのニーズを把握し、求められていることをこなすスキルを身につけることが重要です。稼げないwebライターは「現状維持、いまのまま」で過ごしている傾向が強いです。

次のステップに何を望むのか?今の自分に何が必要なのか?見極め、考察してみてください。

 

稼げるwebライターの「仕事の取り組み方」と「ビジネススキル」

稼げるwebライターは「仕事の取り組み方」と「ビジネススキル」の点において「迅速」・「丁寧」という特徴があります。

 

稼げるwebライターの「仕事の取り組み方」

稼げるwebライターは仕事をする上で「報告、連絡、相談」を徹底し、常に「ステップアップを意識する」「先を読む」という特徴があります。
先の見通しを考えて動いています。

 

報告、連絡、相談

社会人1年生のビジネス書には必ず載っている「ほうれんそう」。
「報告・連絡・相談」の意味ですね。

仕事の進み具合や不明点の確認、納期管理などの連絡を迅速にすることは、社会人として当たり前のこと。どのサイトにも本に載っていないですが最も重要なことです。

初心を忘れず基本をおろそかにしないのが「稼いでいるwebライター」です。

 

ステップアップを意識する

稼げるwebライターは「次の展開を意識して」仕事をしています。
常に「自分の向かう未来ビジョン」を描いています。

ビジョンを描くだけではなく自分の今置かれている立ち位置で
次の展開に向けて「具体的に何をすればいいのか?」を考え常に行動しています。

自分が「どの方向に向かいたいのか?」のビジョンが現実的でなくても、まず意識することが大切です。

 

稼げるwebライターの「ビジネススキル」

稼げるwebライターのビジネススキルの特徴は、「常に1歩先の目標に向かって努力する」という特徴があります。
常に先をみて意識することで次にするべきことが明確になっていきます。

 

ワードプレスの記事が書ける

高単価のwebライターの募集案件に「ワードプレスの記事作成」が挙げられます。
クライアントは読まれる記事をホームページにアップしたい。

自分が短時間で書くのは難しく「外注しても記事を書いてほしい」というニーズがあります。
クライアントのニーズに答えることで単価が高い仕事をゲットできます。

さらにプログラミングやHTML、CSSの知識がある方が有利です。
自分でワードプレスの運営をしているとクライアントのニーズを掴みやすく、自身のアピールポイントにもなります。

 

SEO対策ができる

SEO対策(検索エンジン最適化)ができるwebライターが求められています。
仕事の成果を上げられるので重宝されます。
「結果の出る記事作成」を研究することが大切です。

検索サイトの上位に表示されることで認知度が上がり、クライアントの利益につながります。その好循環でwebライターの評価につながり、単価アップの交渉がしやすくなります。

 

得意分野に特化している

「不動産」「投資」「医療」「美容」「健康」など自分の得意分野に特化すると単価が上がり、稼げるwebライターになります。
記事を書ける人が少ない分野ですとさらに希少価値が高まります。

稼げるwebライターは自分の得意分野を分析し「自分のブランディング、見せ方」をしっかりと設定しています。

 

クライアントの目的を理解できる

クライアントが記事を外注する目的は「時間短縮」と「費用対効果」です。
自分で書く時間をプロのwebライターに依頼し自分の時間を確保する。

自分が書くよりもアクセスアップや売り上げに直結するような成果を求めています。
クライアントの希望はそれぞれ異なります。

依頼の目的を迅速に把握し意図を汲み取りニーズにあった記事を書けることが稼げるwebライターへのポイントになります。

 

行動力

「自分で考えて自分で解決する力」です。
わかるまで自分で調べたり周囲と連携する「リサーチ力」、解決するまで「行動する力」。

そして自分の実績をアピールする「営業力」が必要です。
自分の実績の効果的なアピールの方法やSNSでの宣伝活動を戦略的に行っています。

10倍の価値提供など努力も欠かしません。最大限に行動する力を稼げるwebライターは持っています。

 

稼げるwebライターになる方法

稼げるwebライターになるためには、ただ仕事の量をこなすのではなく自分の目標や未来のビジョンに向けて戦略的な計画を立て行動することが必要になります。

 

稼げるwebライターになるために必要なこと

稼げるwebライターになるために必要なことは「営業力」と「高単価案件」と「クライアントの意図を汲む」ことがポイントです。一つ一つのことを少しずつでも努力を続けることが大切です。

 

営業力

ある程度の実績作りがスタート地点。
実績ができたら直接セールスレターを送るなどの「自分を売り込む、アピールする力」が必要です。

SNSでの自己プロデュースも演出として必要です。
稼げるwebライターは自分をより良く認知してもらう努力を欠かしません。

 

高単価の案件

低単価の案件をいつまでやっても稼げないwebライターのままです。

いまの自分から脱皮するためには高単価の案件へのチャレンジが必要です。
最初はうまくいかなくてもチャレンジし続けることでヒントやうまく行くやり方が掴めます。

 

クライアントの意図を組む

クライアントの目的は「時間短縮」と「費用対効果」です。
細かい狙いはそのつどづどのヒアリングで把握するしかありません。

稼げるwebライターになるために経験を積み、勘を掴んでいきましょう。

 

経験者でもスタートしたばかりでも今からできること

経験者でもスタートしたばかりでも稼げるwebライターになるために今からできることはどんなことでしょうか?

それは「スモールステップをつくること」「目標を視覚化すること」「講座に行って今の旬の情報をゲットすること」。今できることに着手してください。

 

できることをまとめ、次の行動につなげる

いきなりスキルアップは難しいですよね。今できる範囲でできることをまとめてみましょう。
焦る気持ちが前を向いて進めるヒントになります。

できることをスモールステップでいいのでコツコツ継続していくことを意識してください。
具体的には何をすればよいか?をご紹介しますね。

 

目標を視覚化する

いまの自分を客観的に分析し「稼げるwebライター」になるために必要なことを、表にまとめてください。
マインドマップでも手書きでもどちらでもよいです。

視覚的に見ることで自分に足りない部分を発見することができます。
行動を止めず、少しずつでも前進を意識することが肝要です。

 

講座にいって旬の役立つ情報をゲットする

稼げるwebライターになるためには売れている先生、実績のある先生から学ぶことが鉄則です。さらに新しい体験や学んだことを取り入れ行動することも大切です。

初心者のうちは、自分にとって必要な情報が何なのか、何を勉強するべきかさえわからないことも多いため、積極的にセミナーなどで情報収集してみましょう。

特に、書籍などで勉強する場合は、入手した情報が時代遅れになっていることもあるため、最初から独学でがんばるのではなく、勉強すべきことやオススメの書籍などについてセミナー講師に質問してみると効率的です。

 

まとめ

本記事ではあなたの疑問を解決するために「稼げないwebライター」 VS 「稼げるWebライター」を徹底比較してうまくいく方法を分析しました。

稼げないwebライターには稼げないポイントがあり、稼げるwebライターには稼げるポイントがありましたね。
「仕事への取り組み方」と「ビジネススキル」に分類して、本記事ではご紹介しました。

社会人としての基本的スキル(報告、連絡、相談)や営業力(自己アピール)、高単価案件をゲットすること、クライアントのニーズを掴み自分に必要なビジネススキルを上げることがありました。

 

いきなりその頂点を目指すのではなく、「いまの自分ができることをコツコツ継続していくこと」が大切です。

成功者に「成功した秘訣」を聞くと「やめないこと」と「諦めないこと」と皆さん話されます。成功への鉄則ですね。
少しでも前進し「稼げないwebライター」から「稼げるwebライター」へ変身してください。

この記事が読まれた皆さまのお役に立ちましたら幸いです。

\ SNSでシェアしよう! /

tabicopiの注目記事を受け取ろう

webライターは稼げないのか?「稼げないwebライター」VS「稼げるwebライター」を徹底比較!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

tabicopiの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 賢いクラウドワークスの使い方!初心者が稼ぐ方法

  • 実録!クラウドワークスだけで月50万円以上稼ぐためのコツをご紹介!

  • webライターのバイトは未経験でもすぐに始められる!

  • そうだったのか!クラウドワークスの手数料について

  • webライター初心者が意識するべき7つのこと

  • Webライターの募集案件を探すコツ