1. TOP
  2. webライターの仕事の探し方
  3. Webライターの募集案件を探すコツ

Webライターの募集案件を探すコツ

webライターの仕事の探し方 この記事は約 7 分で読めます。

webライターの募集案件を探すコツは「働き方を明確にする」ことです。
この記事を読むことにより、「どうやってwebライターの仕事を見つけるのか」が分かります。

「webライター 募集」で検索すると、たくさんの情報があり、どこが自分に合った案件なのか、迷ってしまいますね。

実は、webライターの募集案件は、働き方によりどのサイトを選ぶべきかで選択肢が異なります。
どんな募集があり、どんな特徴があるのかをまとめました。

webライターの募集案件を探すコツは「働き方を明確にする」こと

webライターの募集案件を探すコツは「働き方を明確にする」ことです。

具体的には、「自分が働きたいペース」を明確にする必要があります。
週に一日なのか、3時間なのか、空いた時間なのかなどです。

例えば、求人サイトでは通勤する日数や時間が決まっていることが多く、隙間時間に働きたいという希望とはマッチしません。

まずは、自分が働きたいペースがどれか確認しましょう。

次に、希望する働き方によって、適したサイトや探し方があります。
未経験で探す場合は、以下の3つの探し方がいいでしょう。

教えてもらいながら仕事したい人におすすめ!求人情報サイト3選
対面でしっかり指導を受けたいなら、求人サイトで会社に応募するのがおすすめです。

タスク形式で手間なくライティングしたい人におすすめ!!ライティング専門サイト3選
「クライアントとのやり取り」「クライアントからの返信待ち」なく、書くことに集中したい方におすすめです。

自分で単価を決めて仕事をするのにおすすめ!クラウドソーシングサービス3選
自分で単価を決めて仕事をするなら、クラウドソーシングサイトがおすすめです。

働き方別ライター募集サイトの選び方

ライティング案件を募集するにあたって、「自分の働き方に適した募集サイト」を選ぶ必要があります。
まずは、自分の理想とする働き方について整理しましょう

あなたは、webライターとして、どんな働き方を望まれますか?

希望する働き方によって、「求人情報サイト」「ライティング専門サイト」「クラウドソーシングサービス」のどれを選ぶべきかが決まります。

どんな働き方がいいでしょうか。

自分の空いている時間に働くのか。
毎月安定した収入が欲しいのか。

独学で働くか、教えてもらいながら働くか。
在宅か、通勤するか。

まずは自分の希望する働き方を考えてみましょう。
そして、どれがご自分にとってベストなサービスなのかを見極めましょう。

以下の通り、募集案件の多い順に3つずつ紹介します。

教えてもらいながら仕事したい人におすすめ!求人情報サイト3選

求人サイトは正社員から派遣、アルバイトまで募集があります。
対面で先輩に教えてもらいながら仕事したい人にオススメです。

求人誌のライター募集の特徴は、アウトソーシングではないため、以下のようなメリットがあります。

  • 先輩スタッフからの指導がある
  • またはマニュアルとサポート体制が整っている

未経験の方でも安心して取り組める仕組みがあるため、初心者でもスキルアップがしやすいです。

その他、雇用制度として、以下のような特徴があります。

  • 記事単位ではなく、時給制で給与が発生する
  • 給与制のため、手数料がかからない
  • 履歴書の準備が必要なので、気軽に始めにくい
  • 年齢制限がある場合が多い
  • ゆくゆくは在宅勤務OK、または最初から在宅OKの会社もある

さまざまな求人情報サイトがありますが、「webライター」で検索して、募集件数の多い順(2019年12月時点)で以下の通りです。
求人ボックス:3146件
indeed:36件
doda:77件

対面での指導が不要な場合は、スキルアップ記事のある専門サイトがおすすめです。

タスク形式で手間なくライティングしたい人におすすめ!!ライティング専門サイト3選

タスク形式で淡々と書く仕事を探す人には、ライティング専門サイトがオススメです。

タスク形式とは、基本的に誰にでも書く権利がある仕事の種類です。
そのため、「提案」や「コンペ」はありません。

「クライアントとのやり取り」、「クライアントからの返信待ち」なく、案件の条件に合えば作業に取り組めるため、待ち時間なく書きたい方に向いています。

タスクを開始し、制限時間内に決められた内容を書きます。
提出した案件に修正やリテイクがあることもありますが、逆に言うとチェックがあるため、「どこを直せばよいか」指摘をもらうことで、スキルアップにつながります。

また、ライティング専門サイトは、テストで選別された上位クラスのライター向けの高単価案件に応募できるメリットがあります。

その他、ポイント制(換金可能なサイトもあり)のところが多いため、「ポイント活動」をされている方にも向いているでしょう。

Shinobiライティング:5486件
REPO:1592件
サグーライティング:921件

「高単価案件」といっても、そのサイトなりの価格であり、ご自分の希望単価と異なる場合もあるでしょう。その場合は、自分で単価を決めて出品できる、クラウドソーシングサイトがおすすめです。

自分で単価を決めて仕事をするのにおすすめ!クラウドソーシングサービス3選

自分で単価を決めて仕事をするならクラウドソーシングサイトがオススメです。

専門サイトは自分から応募をしますが、クラウドソーシングサイトでは、クライアントからのアプローチを待つことが可能です。

一文字いくらと価格をつけて出品することができます。

他のサイトは「提示された価格」での交渉か、それ以下となります。
ただ、実績がないと出品してもクライアントからのオファーがないことが多いでしょう。

そのため、一つでも実績ができたら、ご自分の単価アップのために出品をすると良いでしょう。

専門サイトのように、ランクによる案件取得メリットはクラウドワークスのみです。

クラウドワークス ライティング:2555件
ランサーズ ライティング+ネーミング:660件
ココナラ ライティング:1814件

自分にあったwebライター案件の探し方まとめ

在宅で働きたい

オンラインで仕事の受注から納品まで可能な、以下のサービスがおすすめです。

  • Shinobiライティング
  • REPO
  • サグーライティング
  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

隙間時間に働きたい
オンラインエディタがあり、ネットにつながれば場所を選ばすに書くことも可能です。

  • Shinobiライティング
  • REPO
  • サグーライティング

毎月安定した収入が欲しい、または定期的に働きたい

時給制のため、「納品するまで売り上げが0円」ということがない、以下のサービスで求人を探すのがおすすめです。

  • 求人ボックス
  • indeed
  • doda

指導されながらスキルアップしたい
求人誌のライター募集の特徴は、アウトソーシングではないため、直接指導が受けられます。
指導されながらスキルアップしたい方にお勧めです。

  • 求人ボックス
  • indeed
  • doda

高単価案件あり

ライターのランク制度を導入しており、上位ランクのライターには単価の高い案件に挑戦できます。
単価を上げたい方にお勧めです。

ただし、上位ランクになるにはテストがあります。

  • Shinobi
  • REPO
  • サグーライティング
  • クラウドワークス

自分で価格を決めて出品したい

ライティングを、自分で価格を決めて出品することができます。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

以上、ライター募集について調べてみました。

ご自分の働き方に合ったサイトはどこでしたか?
ぜひ、ご活用ください。

\ SNSでシェアしよう! /

tabicopiの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

tabicopiの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 即実践!未経験者がライターの仕事を見つける3つのポイント